ソトブログ

文化系バーダー・ブログ。映画と本、野鳥/自然観察。時々ガジェット。

ソトブログ

【購入レビュー】Lenovo IdeaPad Slim 350 14型(AMD)(81W3004BJP)――実家PC買い替えのマイ・ベスト・チョイス。

 

この記事をシェアする

Review-IdeaPad

簡単なようで難しい、実家PCの買い替え問題。

www.sotoblog.com

 

 上記先日の記事で、わたし自身のWindows PCとして、Lenovo ThinkPad E14 Gen3(AMD)を紹介しましたが、実はそれより前に、もう1台、PCを購入していました。それは、同居している父(正確には義父、妻のお父さん)のPCです。――実は、その経験を参考に、わたしのPCを選んだということでもあります。

 

PCにそれほど詳しくないが、PCを使う必要のある実家の両親のためのPC選び」というプロブレム。――よくある問題ですが、ウチの場合、買い替えることになった、父のPCの用途は、「Officeを用いた文書の作成」。ウェブブラウズもすることがないので、実用的にはオンラインである必要さえない。――というとどんなスペックのPCであっても足りるわけで、何も悩むことはなさそうなのですが、これが案外難しい。

 

 物持ちのとてもいい父がこれまで長年使っていたVAIOのノートブックは、ソニー時代、しかもWindows Me時代の20年選手。オフラインで使うだけなら中古のノートブックを適当に見繕う、という方法もあるのですが、団塊の世代で、カメラやラジオなどにも造詣が深く「モノ」を愛し大切に扱う性格であって、定年後も忙しく動き回り、様々な場面でOffice文書を作成する。そんな父にはできるだけ快適にPCを使って欲しい。
 そこで、新しいPCに求める条件として、以下の点を挙げることにしました――。

 

・快適な入力のできるフットプリント:標準的なキーピッチ、少なくとも14インチのディスプレイ)。
・文書作成という作業において、快適に行える程度のマシンスペック。
・ディスプレイは非光沢。画像を扱うわけではないのでIPSなどの高画質のものでなくても構わない。
・プリインストールのMicrosoft Office(ExcelとWordがあればOK)。
・使用は自宅室内に限られるが、特定のデスクで作業するわけではないので、可搬性の高いノートPCがいい。
・派手ではない、シンプルで飽きの来ないデザイン。

 

選んだのはLenovoのハイコストパフォーマンス・マシン「IdeaPad Slim 350 14型(AMD)」。

Lenovo-Website-IdeaPadLenovo IdeaPad Slim 350 14 | 生活を快適にする14型ノートPC | レノボ・ジャパン(※画像は上記Lenovo公式サイトより)

 

 今回購入したLenovo IdeaPad Slim 350 14型(AMD)(81W3004BJP)の主な仕様は以下の通り。

AMD Ryzen3 4300U (2.70GHz  2MB)
・Windows 10 Home 64(※2021.12現在、Windows11アップデート可能となっています。ウチでは未実施。)
14.0" FHD TN 光沢なし LEDバックライト 1920x1080
・4 GB DDR4-2666 DDR4 オンボード 2666MHz(メモリ空きスロット無し)
・128 GB SSD
Microsoft Office Personal 2019(個人向け、プリインストール版)
・日本語キーボード(バックライトなし)
・インターフェース:4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック、電源ジャック、HDMI、USB2.0、USB3.0×2
本体寸法:約 327.1x241x19.9mm
本体重量:約1.5kg

 

    購入の決め手となったのは、上記仕様の太字部分が示す通り、あらゆる点でわたしが先に挙げた条件を満たしていながら、他社の同様の製品に比べマシンスペックが高く、リーズナブルな価格であること(購入時(2021.5)の価格は63,052円)。


 こちらを購入する以前に、わたし自身、初めてのLenovo製品として、IdeaPad Duet Chromebookを愛用しており、そちらも実際に使用されるシーンをクリティカルに想定できていると思えるスペック面と価格面、質感やデザインなどのバランスが非常によく――少なくともわたしにとってはそうで、Lenovoのプロダクトへの印象が個人的によかった、というのもあります。

 

 以下、簡単にハードウェアの各部分について触れておきます。

標準的で、必要十分なキーボード。

IMG_20211209_134255_editedキーボードはバックライトなし、キーピッチは19mm程度の標準的なもの。軽めのキータッチですが、文書作成などに使うには十分なキーボードだと思います。

インターフェースはUSB-Aが3ポート、HDMI、4in1メディアカードリーダーなど比較的充実。専用の電源アダプタが大きめで取り回しにくいのが若干の難点。

IMG_20211209_134420_edited左側面:電源ジャック、HDMI、USB2.0、USB3.0×2

IMG_20211209_134435_edited右側面:4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック

IMG_20211209_134631_edited電源アダプター(65W)はサイズがやや大きめ。プラグがアダプターから直接出ているため、取り回しにやや苦労するかも。父は延長コードを常挿しした状態で使っています。

外観・デザイン・質感など――プラスティック筐体は、価格なりの質感だけれど、シンプルで嫌みのないデザイン。

IMG_20211209_135208_edited_edited2シルバーカラーのプラスティック製の筐体は、質感は価格なりのものですが、これ以上ないほどシンプルで飾りのないもので、印象は悪くありません。

 

必要十分なコストパフォーマンス・マシン、それでいてAMD Ryzen3 4300U搭載――「実家PC」としてはベスト・チョイスな1台だと思っています。

IMG_20211211_095648-1_edited父は、使い慣れたトラックボール式のUSBマウスを新しいPCでも使い続けています。Lenovo IdeaPad Slim 350 14型(AMD)も、そんなふうにモノを大切に、愛用される人に使い続けられるマシンであって欲しいと思っています。

 

 仕様面でいえば、メモリが4GB(オンボード)で、空きスロットもないのが若干心許ないですが(Ryzen5搭載などの上位モデルではメモリ増設が可能なようです)、我が家(父)の用途を考えれば、AMD Ryzen3 4300U (2.70GHz  2MB)という高性能のCPUで、作業の快適さは十分、担保されています。

 

 また、実際に購入してみて、「オフラインで使うだけなら中古のノートブックを適当に見繕う」ということにしなくてよかったと思うのは、Wi-Fi対応のプリンターでワイヤレスで印刷ができること。ウチの場合は両親と同居なので、わたしがWindowsアップデートなどをメンテナンスしながら使えますが、離れたところに住む両親が使う、所謂「実家PC」としても、「文書作成やウェブブラウズ程度の用途」であるのなら、非常にいい選択肢となる端末だと思います。もちろん、同様の用途であれば、自身のメインマシンとしても。

 

 本機「Lenovo IdeaPad Slim 350 14型(AMD)(81W3004BJP)」への好印象が、先日レビューしたLenovo ThinkPad E14 Gen3(AMD)の購入に繋がったことは、もう一度改めて言い添えておきたいと思います。それくらい、こちらもいい塩梅の、「ちょうどいい」PCだと思います。購入後半年の、父が使う様子と、それを見ているわたしが持った、極めて正直な実感です。

 

購入の参考にさせていただいたサイト:

※購入にあたっては様々なサイトを参照させていただきましたが、本機でも、下記「こまめブログ」さんの記事は大変参考になりました。スペックやハードウェア、拡張性なども含めて丁寧にまとめられた、ユーザーフレンドリーなサイトだと思います。
IdeaPad Slim 350 14レビュー:4~6万円台なのに最高クラスの性能を誇るRyzen搭載14インチノートPC – こまめブログ

 

※また、「シンプシー(SIMPC)」さんも参考にさせていただきました。ありがとうございました。こちらもわかりやすく詳細なレビューです。
【実機レビュー】IdeaPad Slim350 14のスペック、メリット・デメリット評価と口コミ

 

 

Amazonでも販売中ですが、Lenovo製品は、週末セールがあったりCPUやメモリ等の異なるモデルも豊富なLenovo直販サイトでの購入と比較検討するのがオススメです。

 

【以前の記事から:先にレビューをしたわたし自身の使用端末、ThinkPad E14 Gen 3(AMD)は、今回のLenovo IdeaPad Slim 350 14型(AMD)の使用感がよかったため、自分でもLenovoのWindows機を使おう、と思ったからでした。】

【購入レビュー】ThinkPad E14 Gen 3(AMD)――“最高にちょうどいい”ThinkPad。 - ソトブログ

 

【以前の記事から:LenovoのChromebookでのヒットプロダクトとなった、IdeaPad Duetも、変わらず快適に使えています。】

“薄くて小さくて、あって嬉しい。”――Lenovo IdeaPad Duet Chromebookレビュー。 - ソトブログ