ソトブログ

文化系バーダー・ブログ。映画と本、野鳥/自然観察。時々ガジェット。

ソトブログ

Birders' Songs: バーダーのためのプレイリスト 002_“2021.11_An die Nachitgall(小夜啼鳥)”とAnna of the North。

 

この記事をシェアする

Birders-Songs-002

蓄音機がもたらす心のよろこび、農園の声。

DSCN0644_1
写真はタゲリ(2021.11)

 

 デニスは私に蓄音機を贈ってくれた。それは私の心のよろこびであり、農園に新しい生活をもたらし、農園の声となった――「ナイチンゲールこそは林間の空地の魂」。時として、デニスは予告なしに到着することがあった。私がコーヒー畠やトウモロコシ畑に出ているあいだに、新しいレコードを持ってやってくる。そしてレコードをかけつづけ、私が日暮れに馬で帰ってくると、澄んでつめたい夕方の大気のなかを流れてくる旋律が、彼のきていることを私に告げた。

イサク・ディネセン『アフリカの日々』(横山貞子 訳、河出書房新社)より

 

 ひとりのバーダー(野鳥愛好家)として、他ではあまり見かけない、「バーダーのためのプレイリスト」をまずは自分のために、そしてそんなものを望むかもしれない同好の士を想って、始めた「Birders' Songs: バーダーのためのプレイリスト」というこの記事シリーズ。

 

 20世紀初頭、遠く北欧の故郷・デンマークを離れケニアの地で農園を営んだ女性、カレン・ブリクセン(イサク・ディネセンはアメリカ等での筆名)。決して平穏で幸福な日々が続いたとはいえなかったはずアフリカの日々を綴った『アフリカの日々』(原題:"Out of  Africa")――だのにこの本は美しく厳しく、そしてとても優しい。そのことについては、また頁を改めて書いてみたい、と思っています――にも、大自然のなかで様々な鳥たちが登場しますが、ここでの記述は実際の鳥ではなく音楽。わたしの敬愛するある音楽家は、「音楽の万能性」を賛美しますが、ひとがそのとき、どんな状況に置かれていても、音楽は救いや叱咤、いっときの清涼となり、あるいは一瞬だけでも、心のさざなみを静めてくれる。

 

 

 ――そんなことを考えながら、今回のプレイリストを作成してみました。Amazon Musicという、限られたプラットフォームのみではありますが、こちらに置いておきます。今回も直截鳥に関係した曲はほとんどなく、ラストに配置したシンガーソングライター/ピアニスト、森ゆにさんの歌うシューベルト歌曲「An die Nachtigall/小夜啼鳥(ナイチンゲール)」一曲のみ。フランツ・シューベルト作曲、マティアス・クラウディウス作詞、1816年の作品。

 

An die Nachtigall

Er liegt und schläft an meinem Herzen,
Mein guter Schutzgeist sang ihn ein;
Und ich kann fröhlich sein und scherzen,
Kann jeder Blum' und jedes Blatts mich freun.
Nachtigall,ach! Nachtigall,ach!
Sing mir den Amor nicht wach!

詩:Matthias Claudius/曲:Franz Peter Schubert

 

プレイリスト「2021.11_An die Nachitgall(小夜啼鳥)」

※以下、選曲は全て、「演者/曲名」で表記しています。
※プレイリストのリンクをクリックすると、Amazonプライム会員の方は、Amazon Musicでプレイリストが聴けます。

2021.11_An die Nachitgall(小夜啼鳥)」(選曲:ソト

M01.  Anna of the North/Dream Girl
M02. THE 1975/Sincerity Is Scary 
M03. Arlo Parks/Hope
M04. Villagers/Everything I Am Is Yours
M05. BOY/WALTZ FOR PONY
M06. Jonas Brothers/Trust
M07. Nina Nesbitt/The Best You Had
M08. Jacob Collier/Woke Up Today
M09. Lantern Parade/キンモクセイの匂いがして
M10. OGRE YOU ASSHOLE/新しい人
M11. 寺尾紗穂/まちあわせ
M12. 杉瀬陽子/話をしよう
M13. 森ゆに/An die Nachtigall/小夜啼鳥(ナイチンゲール)


今回も、Amazon Musicのライブラリを探索してヒトメボレした曲を集めたのですが、なかでも白眉はM01のAnna of the North「Dream Girl」(上記YouTubeはリリック・ビデオ)。Annaは北欧・ノルウェー出身のアーティストで、この記事の冒頭でイサク・ディネセンを引用したのは本当に偶々(今読んでいる本)なのですが、日々何かを選びとる偶然も、音楽を聴き、本を読み、鳥見をしながら愉しみたいものです。

 

Dream Girl [Analog]

Dream Girl [Analog]

Amazon

Annaの背中に鳥の翼(!)をあしらったジャケットの、Anna of the North「Dream Girl」収録のアルバム『Dream Girl』は、デジタル/ストリーミングの他、上記アナログ(LP)盤としてもリリースされています。

 

【以前の記事から:「Birders' Songs」第1回。ハイライトはFleet Foxes「Featherweight」】

Birders' Songs: バーダーのためのプレイリスト 001_“Featherweight” - ソトブログ

 

【当ブログの音楽および野鳥観察についての記事一覧はこちら。】