ソトブログ

映画と本、自然観察(あるいは40代、2児の父の日常)

ソトブログ

レペゼン紀南、インドアからアウトドアに転向したわたしの、GW探鳥記録。

 

この記事をシェアする

BirdNerds008

 

夜の帳の中から行動
真っ赤な目をしたフクロウ

YOU THE ROCK★/FUKUROU(YAKANHIKOU)

 

さんぴんCAMP”世代のわたしとしては――、GWといってもアメリカ村だのモトコー(神戸・元町高架下)だのでレコード、CDを買い漁っているような学生時代だったけれど、緊事宣下の2021年黄金週間、伝説のスペインの好色男の名を二ツ名に持った、2年も前に変死した男の話題が再沸騰した街にいる現在のわたしのGWは、(20数年前、90年代のわたしには想像もできないことですが)小学生の息子と、
真っ赤な目をしたフクロウ
ならぬ、境内林に悠然とたたずむフクロウを、ズームレンズで覗き込むというものでした。

 

音楽、本、映画さえあればいいような、元来インドア派のわたしがそれを強調していると、息子が
父ちゃんって“インテリ”なんやろ?
と、インドアとインテリを誤用して、インテリでもなんでもないわたしは恥ずかしいだけですが、息子のおかげでアラフォーにして、コロナ禍の外アソビで、殺伐とした当世をサヴァイヴすべく、愉しませてもらっています。

 

以下は、その記録。当「ソトブログ」の姉妹ブログ、「sotowrite」で続けている、野鳥観察記録、"BirdNerd"(鳥オタク、くらいの意味です)として、アップしています。

 

sotowrite.hatenablog.com

"BirdNerd"#008――緊事宣下の近隣探鳥で、キビタキ・コサメビタキ・フクロウ他(2021.5) - sotowrite

 

以下の写真はそのアウトテイクス。


DSCN0029
フクロウ。5月某日、和歌山県某所にて。

 

DSCN6094
ソングポストで囀るホオジロ。5月某日、和歌山県森林公園にて。

 

DSCN0016
GWの和泉葛城山で、ウグイスに次いで多く、その囀りを響かせていたヒガラ

 

DSCN9934
和歌山県森林公園のジュラシックパーク。雑な感じの動物、恐竜たちのペインティングがキッチュなスポットだけれど、周辺の林やビオトープには、たくさんの野鳥たちが。

 

DSCN9929
サナエトンボsp.

 

ザ・サウンドトラック’96

ザ・サウンドトラック’96

 

 

【当ブログ、および姉妹ブログ「sotowrite」での野鳥観察についての記事一覧はこちら。】