ソトブログ

文化系バーダー・ブログ。映画と本、野鳥/自然観察。時々ガジェット。

ソトブログ

Bird Songs in Apples

ポッドキャスト第2弾、ivory booksさんとの対談「読む探鳥会―あるいは、本で愉しむ野鳥や生きものたちの世界」配信中です。

読書の愉しみ方を、改めて色々な方向から眺めてみるポッドキャスト「ア・ピース・オブ・読書」。第2、3回同時配信は、南紀白浜の書店、ivory booksさんとのお喋り、「読む探鳥会―あるいは、本で愉しむ野鳥や生きものたちの世界」です。

日々のレッスン #005「今日は休耕田にトウネンがいた。」(ft. Bird Songs in Apple Music)

フィクションのような日記のような連載「日々のレッスン」第5回。ごく薄いフィルム付箋を本を読みながら、気になった(気に入った、とも少し違う)センテンスや段落に目印に貼っていく。という習慣を持ったのはいつ頃からだったかもう思い出せない。

日々のレッスン #001「小さな二階だてのビルディング」(ft. Bird Songs in Apple Music)

頭の片スミに「野鳥」の居場所を拵えておいて、「Apple Music」でプレイリストを作る、そして時おりは、フィクションのような日記のようなテキストを添えて。シリーズ「日々のレッスン(ft. Bird Songs in Apple Music)」、今回からスタートです。

“Little Bird(すべてをわからなくてよい、たくさんの秘密)”――Bird Songs in Apples #007(野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト)

フィールドで鳥見をしていて、こっちにキビタキがいたと思ったら向こうにオオルリがいて、下を流れる渓流にエメラルドグリーンの流線形、カワセミが突っ切っていって、目線を動かしたその先の向こう岸にカワガラスが! みたいな目移りする状況のような、音楽…

“雀ノ欠伸”――Bird Songs in Apples #006(野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト)

絵描きうたで知るアフリカのコウノトリ。わたしたちにとってエッセンシャルな、音楽と飛ぶものたち、這うものたち、生きるものたち。今回も鳥たちや自然、わたしたち自身の面影を、音楽に探す「Apple Musicプレイリスト 」シェア企画、その第6回です。

“I Can Fly Away(ちょっと今ここだけのことだけど)”――Bird Songs in Apples #005(野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト)

探鳥の愉しみを音楽にリプレースする我田引水無手勝流企画、「インドア文化系ヴァーチャル探鳥」a.k.a.「野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト 」#005。フランツ・カフカが労働者災害保険局職員時代に遺した公文書から、15歳のメキシカンの…

“Hours Were the Birds”――Bird Songs in Apples #004(野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト)

音楽に鳥たちの面影を探し、サブスクでプレイリストを作成する「インドア文化系ヴァーチャル探鳥」連載の第33回。ここ数日の空気感を感じながらも、度いっぱいまでポジティブで、自分じしんの幸福感を味わいながらのテキストを添えて。

“Spark of Life”――Bird Songs in Apples #003(野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト)

鳥も食べる、わたしも食べる。宴のあとのメランコリーには、音楽がよく合います。音楽によるインドア文化系ヴァーチャル探鳥シリーズ第32弾。今回もプレイリストはApple Musicにて作成しました。

“西瓜糖の日々”――Bird Songs in Apples #002(野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト)

リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』にも鳥を見出した、インドア文化系ヴァーチャル探鳥シリーズ第31弾。今回もプレイリストはApple Musicにて作成しました。

“スズメの羽根にくるまって”――Bird Songs in Apples #001(野鳥と音楽を愛する人のためのApple Musicプレイリスト)

サウンド、歌詞、アーティスト名やMVに――、野鳥の面影を探しては音楽プレイリストを作成する、インドア文化系ヴァーチャル探鳥シリーズ。今回からApple Musicのライブラリーから選曲しています。