ソトブログ

映画と本、自然観察(あるいは30代後半、2児の父の日常)

ソトブログ

年末最後に寄った文具店で買ったデザインフィルの「ブラス ペンシル」。<書くことが愉しくなる>真鍮製ホルダーの鉛筆を2018年は普段使いに。

 

この記事をシェアする

TRC ブラス ペンシル 無垢 (38069006)

 

※上記製品サイトと商品リンクは、写真のカラー<白>ではなく、<無垢>のリンクになっています。

 

気軽な値段で、隅々までデザインや思想の行き届いた、クオリティの高い道具を手にすることのできる、文房具の“魅力”。

 

先日紹介した測量野帳ライクなマンスリー手帳「trystrams linklet」とそのカバー、「trystrams 野帳カバー WAPO」をネットで買っておきながら、そしてこれからブログで文房具を紹介しようというのにこんなことを言うのも何ですが、私は普段、文房具まわりは実際に店頭で実物を手にして買うようにしています。

 

とくに拘り、というわけではなくてむしろその逆で、ノートにしても手帳にしてもボールペンにしても、「これ」と決めたものをずっと使うというより、折に触れて、店先で発見したものや知人の使っているもの、こうしたブログなどで紹介されていたものなど、たまたま見かけた、出合ったものを試してみて、好きになって使い続けるようになる、というパターンが多い気がします。

 

それは文房具のリーズナブルさに起因していることも大きくて、気軽な値段で、隅々までデザインや思想の行き届いた、クオリティの高い道具を手にすることのできる、(日本における)文房具市場の成熟と、豊穣さあってこそ。

 

真鍮製のボディが美しいデザインフィルの「ブラス ペンシル」。

 

ボディ(ホルダー)に収納されたペン先をひっくり返して挿し込むことで、筆記に適した長さの鉛筆になります。

  

そして年末の文具店、正確には書店の文具コーナーでたまたま見かけたのが、今回のデザインフィル(ミドリ)の「ブラス ペンシル」ブラス(Brass)、すなわち真鍮製のボディ(ホルダー)と鉛筆のセットです。ミドリ*1には「ブラスプロダクト」という真鍮製の文房具のラインナップがあって、これもそのひとつ。マテリアルとして無垢の真鍮を使用して、「使い続けるうちに表面が酸化し、深く味わいのある柔らかな色調に変化して」いくという特徴を活かし、その経年変化をも愉しむというシリーズです。

 

www.tfa-onlineshop.com

 

私が購入したのはブラスペンシルのなかの、無垢ではなく真鍮にホワイトの塗装を施したもの。せっかくなら無垢のものを選びたいところですが、店頭在庫がこれだけでした。在庫処分のような形で50%オフで売られていたのは少し残念なような気はしますが、これはこれで落ち着いた質感の美しさがあります。

 

筆記時のサイズは大体市販のボールペンくらいの長さ(写真はパイロット・ハイテックCマイカとの比較)。鉛筆なので、もちろん削っていくと少し短くなりますが、ボディの重さで重心が後ろに来るので、より短くなった方が書きやすいかも知れません。

 

ビジネス用の筆記具というと、ボールペンにはそれなりに自分なりの拘りというか、好みはあったのですが、鉛筆やシャープペンシルに拘ったことはあまりありませんでした。そもそも鉛筆はあまり使ってこなかった。なのに、この<ブラス ペンシル>の佇まいを見てしまうと、「あ、鉛筆、いいかも」となる。それこそがこうした尖った、洗練された製品の魅力で、とはいえ文房具で、たかが鉛筆ですから、めちゃくちゃ高いわけじゃない。無垢モデルで定価1,944円(税込)、白と茶のカラーモデルで同1,296円と、確かに鉛筆としては高いですが、リフィル(鉛筆)の入れ替え、あるいは市販の短くなった鉛筆も使うことができ、長く使うことを考えれば、これだけの質感のものを、1,000円台で買えるというのは、やはり文房具ならでは。デジタルガジェットなどではこうはいきません。

 

交換用のリフィルとして、鉛筆3本、消しゴム2個のセット(432円・税込)が販売されていますが、市販の鉛筆を使えます(同等の短さにならないと、ペン先をホルダーに収納することはできませんが)。

 

2018年はこの鉛筆で、(そして先日揃えた手帳カバーで)書くことができる、仕事ができると思うと、本来それほど「仕事好き」な人間ではない私ですが、少しだけワクワクするのを感じている年の瀬です。そして、おそらくこれが今年最後の記事になりそうです。それでは皆様良いお年を! 来年も宜しくお願いいたします。

 

この白の塗装は、「使い続けて塗装が剥げていくことで真鍮が顔を出」*2すということで、それを愉しみに使っていきたいと思います。

 

 

 【当ブログ流手帳・ボールペン選び】

*1:(当初は「ミドリ」ブランドで発売されたこのシリーズ、現在は同じデザインフィル社の「トラベラーズファクトリー」ブランドのラインナップになっています)

*2:http://www.tfa-onlineshop.com/SHOP/38062006.html